ちょこっトラいふ

理学療法士1年目のブログ

理学療法士1年目.勉強になったこと・伝えたいことがあれば積極的にアウトプットをします.


スポンサーリンク

理学療法士国家試験勉強法の具体的な勉強時間

f:id:ultora3923:20200527122418j:plain



今回は,理学療法士国家試験の具体的な勉強法を私の勉強スケジュールと勉強時間を公開しながら紹介していこうと思います.

 

とはいえ,私はかなり遅めに勉強を始めた人間なので,合格体験記程度に参考にしてみてください.

短期集中型だと思ってください.

養成校によっては夏頃から国家試験対策講義をしてくれる学校もありますが,私のところはほぼノータッチでしたので.(笑)

私の勉強法の後に,それを踏まえた上での改訂版を紹介したいと思います.

 

※必修ポイントの2021年版が登場したので,そちらのリンクも紹介させていただきます!(2020/06/07追記)

 

 

私が使った参考書 

www.tiger-life01.com

 

参考書については,こちらの記事を見てください.

 

私が使った参考書はこの中にある,必修ポイントシリーズ(全4冊)と理学療法士 作業療法士国家試験問題解答と解説2020です.

 

その他は,大学の授業の際に使った教科書などを解説が曖昧な問題のときに使ったりしていました.

 

 

勉強のポイントは後々説明するので,では,実際の勉強の流れを見ていきましょう. 

 

勉強開始時期から本番までの流れ

12月:勉強開始+参考書を何周も+最初の模試

1月:参考書2周目+過去問開始+2度めの模試

2月:参考書+過去問+アウトプット+本番

です.

 

12月:勉強開始+参考書を何周も+最初の模試

私の大学では,12月中旬に卒業研究の発表がありました.

12月の卒業研究の発表が終わる頃からは割と本格的に勉強を開始しました.

まずは,必修ポイントシリーズを順番に進めます.

 

12月末に最初の模試です.

点数は覚えていなくて申し訳ないのですが,この時点では全体の55%程度しか得点できませんでした.

 

不合格ですね.はい.

徐々に焦りを覚えていきます. 

 

12月の勉強時間

勉強時間をStudy plusというアプリで記録していたので,その時間を載せていきます.

f:id:ultora3923:20200419154751j:plain   f:id:ultora3923:20200419154926j:plain

f:id:ultora3923:20200419154906j:plain  f:id:ultora3923:20200419154939j:plain

 

こんな感じです.

12月中旬に卒業研究の発表が終わってやっと本格的に参考書をやり始めたという感じですね.(笑)

 

1月:参考書2周目+過去問開始+2度目の模試

1月の上旬になんとか必修ポイントを1周しました.

その後も必修ポイントは継続して何周もしていきます.

 

このタイミングで,友人からWindowsのパソコンを借り,理学療法士 作業療法士国家試験問題解答と解説2020付属のCDソフトで過去問を始めます.

 

分野ごとに勉強する必修ポイントとは違い,1年分の過去問を通して解くことはやはり練習になります.

 

月末,2度めの模試があり,なんとか6割を超え合格ラインには乗りました.

だいたい67か68%くらいの得点だったと思います.

 

1月の勉強時間

f:id:ultora3923:20200419155044j:plain  f:id:ultora3923:20200419155058j:plain

f:id:ultora3923:20200419155124j:plain  f:id:ultora3923:20200419155134j:plain

 

1月まではまだアルバイトも割としつつ,就職に伴う引越しなどもあり,という感じでした. 

2月:参考書+過去問+アウトプット+本番

2月からも参考書を繰り返すのは同じです.

 

過去問も2,3周解きました.

この時期になると,過去問は見た瞬間にだいたい答えがわかってしまうのですが,逆に過去問と違うことが本番ででたらどうしようとかわけのわからないことばかり考えてしまい,不安になってきます.(笑)

 

最後の1周間は,友達との勉強もし今ある知識を定着させつつ,間違って覚えてしまっていることがないのかの確認をしました.

加えて,暗記ものを集中的に取り組みました.

 

そして,本番です.

 

2月の勉強時間

f:id:ultora3923:20200419155156j:plain  f:id:ultora3923:20200419155204j:plain

f:id:ultora3923:20200419155214j:plain  f:id:ultora3923:20200419155222j:plain
 

日に日に勉強時間も増えています.

最後の週はほぼ缶詰でした.

 

 

勉強のポイントと私の感想

参考書のやり方

参考書をやる際は以下のポイントを気をつけましょう!

  • 最初の1周を丁寧に.
  • 何周も繰り返す.
  • 4周目辺りにもう一度丁寧に.

 

最初の1周を丁寧に

最初の1周するまでは,初めて見るようなものもあれば,完全に頭から抜け落ちてしまっているものもあります.理解するのが大変でどうしても飛ばし読みしてしまいがちになりますが,必ず一通り目を通しましょう.

そういう面で,必修ポイントは情報量がしっかりと必要な部分に絞られており,学んだ内容をすぐに過去問という形で練習できるので,やりやすい参考書だったと思います.

 

何周も繰り返す

とにかく何周も繰り返しましょう.

よく言われるのが,過去問を覚えてしまうと意味がないという言葉を聞きますが,過去問は答えと一緒に覚えてしまうくらいでいいです.

というか,覚えちゃったくらいまでやり込むのが一つのラインだと思ってください.

 

一つだけ注意点をあげるとしたら,

間違いの選択肢と理由もセットで覚えておくこと

です.

 

繰り返しとくときは,解けた問題にチェックを付けて,チェックが3つ以上ついた問題は解かない.などとしておくと良いですよ.

 

4周目あたりにもう一度丁寧に

これは私自身がやってよかったと思うことです.

どちらかというとプラスαでやると安心できるよという内容ですので,余裕ができた人はやってみてください.

3周くらいすると,過去問の答えは大体覚えてしまって,割と解けるようになってきます.

そこで,マーカーを片手にもう一度丁寧に解説の部分を読みましょう.

それまではマーカーは使わなくていいと思います.

重要な部分にマーカーを引く勉強をする人が多いですが,はっきり言って無意味だと思います.

参考書は,重要な部分は重要に見えるようにデザインされていますし,重要な部分は過去問の正解がわかるということでインプットされています.

 

では,どこにマーカーを引くのか?

 

4周目に読んでみて,え?そうだったんだ.と思うところに引きましょう.

国家試験の試験範囲は莫大ですので,マーカーを引くところはでてくると思います.

マーカーを引けたら,それ以降は徐々にマーカーを引いてあるところを重点的に読むようにします.

実際,その年初めて出題されるような国家試験の問題はそういうところからでます.

 

私の感想

正直,もう半月くらい早く勉強を始めていたらもっと気が楽にできただろうなと思います.

勉強時間を見たらわかると思いますが,私が始めたのがだいたい12月中旬ごろですので,12月頭には始めたかったなという感じですね.

あまりにも早い国家試験対策は頭から抜けてしまって逆に無意味になってしまうかもしれませんが,12月頭には本格的に始める必要があるなと思いました.

 

後はなんと言ってもCDソフトで過去問を超スピードでできたことが一番ですね.

紙ベースの勉強にこだわって,CDソフトを使わない友達もいましたが,大体4時間程度かけて過去問1年分を解くところを,私は1時間半程度でできていたので.

それほど強力なソフトです.

 

後,過去問は最低5年分解きましょう.

CDソフトに10年分あったので,私は10年分はやりました.

あまりにもさかのぼりすぎると,ん?って感じの問題が増えてきます(笑)

そういう面でも過去問を最近のものに絞っている必修ポイントは優秀な参考書だったのかもしれません.

クエスチョンバンクを使っている人が圧倒的に多かったので,不安になりましたが(笑)

 

まとめ

  • 自分の決めた参考書を何周もやり込もう!
  • 過去問をCDソフトを使って何周もしよう!
  • 後半からマーカーを使ったり,友達とアウトプットしたりして勉強しよう!(そういうところから結構でます(笑))
  • 遅くとも12月頭からは国試勉強を始めよう!

 

です.

勉強の進め方などは,勉強時間も見て参考にしながら取り組んでみてください!!

 

使った参考書一覧です!

 

 

 

 2021年版!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 


スポンサーリンク