ちょこっトラいふ

理学療法士1年目のブログ

理学療法士1年目.勉強になったこと・伝えたいことがあれば積極的にアウトプットをします.


スポンサーリンク

携帯を忘れて気づいたこと

どうもトラです。

東京へ引っ越してから、移動手段として主に使っているのはやはり電車です。

最近は原動機付自転車を手に入れたので、自分の最寄の駅から2駅くらいまではバイクの守備範囲内へと変わっていますが。

私の家の周りは特に坂が多いので原付は重宝します。

アルバイト先も、2駅ほどで辿り着ける場所なので、最近はバイクで通うことが多いのですが、2駅先ではなく、電車で40分ほどの場所でも同じ職場があるので、本当に働きたい場合は、そちらで勤務することもあるのです。

そして

ついこの間その遠い方のバイト先でアルバイトをする機会があったのですが、電車に乗る直前に気づきました。

やばい、iPhone忘れた。

家まで引き返して取りに戻っているとバイトに間に合わないので、そのまま電車に乗ったのですが、多くのことに気づきました。

携帯を触ろうとしている瞬間

我々は、本当にふとした瞬間に携帯を触ろうとしています。

これは実際に携帯を忘れないと気づかないと思います。

電車に乗って、一息ついて、よしっ

と思った時は皆さん携帯を触ろうとしているはずです。

触れなかったから気づきましたw

バイトが始まる直前も携帯を触っていたいですし、バイトが終わった直後も携帯を触ろうとしていました。

その日1日で何回空振ったことか・・・

人間観察した結果

そこまで携帯を触れないと、電車の中で人間観察とかを始めるわけです。

そんな本気で人間観察したのではなく、とりあえず周りの人が何しているか見てみたのですが、起きている人はほぼ10割携帯をいじっています。

ほとんどの人が携帯を触っているんだなぁということに気づきました。

今がどういう時代なのかを物語っていますね。

では、どうしのいだのか

人間観察もほんの少ししかしなかったので、携帯がない状態でずっと移動をしなければいけなかったわけですが。

私はたまたまカバンに雑誌を入れていたのでその雑誌のおかげでなんとかしのぐことができました。

つまり、現代人は携帯に依存しているんだなぁということを再認識したわけですが、その携帯がいざないというときに私を助けてくれたのはアナログの本だったわけです。

たまたま興味を持って本を買っていたわけですが、本も捨てたものではありません。

これからも、書店には足を運んでみて、読みたいなと思ったものはなるべく買うような日々を続けていきたいですね。

皆さんも、そういえば最近本読んでないなと気付いた方も多いと思いますので、書店へ足を運んでみることをお勧めします。


スポンサーリンク